皮影戯・「ピーインシ」   影絵芝居

中国の民間芸術である影絵しばい「皮影戯・ピーインシ」。そこで使われる「皮影」とは、動物の皮「ロバ・牛・羊」で作った登場人物や動植物、大道具・小道具、背景などの総称である。  記録によれば、皮影戯は2000年前の漢代には早くもその原型があったとされる。  宋代になるとそれは完全に形成されて、芸術的にも大きな発展をとげた。以来こんにちまで、約千年の歴史をほこるそうである。  一時、文化大革命のとき、思想教育により、かなりの物が破棄されたが、現在民間伝統工芸品として、復活しつつある。 
 お勧め映画{「中国映画・生きる」 日本名;生きる 中国名;活着ホーチョ)

動物の皮を裁断して整え、刻み、色をつけ、のし、組み立てをする――などの処理をへて、美しい皮影が完成するのだ。原料である皮の吟味は重要で、硬く弾力性にとみ、均等の厚さで、透明性にすぐれたものが求められている。

刻み方には陰刻と陽刻の別があり、中国の民間芸術である切り紙の持ち味とよく似ている。しかし切り紙と違うのは、人形の手、ひじ、腰、足などの関節部分をそれぞれ分けて細工してから、つなぎ合わせて組み立てること。しばいをする時、人形を思いのままに動かすためだ。
皮影戯を演じるさいには、舞台に張られたスクリーンの裏手で、人形つかいが細い棒(ふつうは一体に三本)をつけた人形を操作する。人形は背後から強いライトを当てるため、色つきの影が鮮やかにスクリーンに映し出される。にぎやかなドラや太鼓に節が加わると、そこには「ひとくち語れば千年の故事、両手の舞いで百万の兵」という、興趣の尽きない戯曲芸術が生み出される。皮影は、演出の道具であるばかりでなく、すぐれた観賞価値と美的センスをもつ芸術作品なのである。
皮影戯の多くは、農民たちが農閑期に演じるものだ。そこでは、人形の制作者がよく人形つかいになっている。ストーリーや登場人物について熟知してこそ、人形づくりに心が込められるのである。彼らは必要に応じて、破損した人形を補修したり、取り替えたり、新しい演目に必要な人形をデザインしたり、細工したりしている。もちろん専門の職人たちもいて、その技術は師匠から弟子へと伝承されているが、しばいのストーリーや登場人物をよく理解することがしつようである。
千年あまりの歴史の中で、人形の造型も移り変わった。各地に異なる風格が生まれ、陝西・山西両省一帯に伝わる牛皮影、
河北省唐山市ツミ県一帯の驢皮影などは、その代表とされている。
※現在、中国でもこのような伝統工芸を継ぐ職人は少なく、古いものより新しい物のほうが高くなっている。古いものは研究材料には良いが、見るには耐え難い、よって室内インテリアとして下記のような額に入れた物が、ボツボツ出て来ているが、値段もそれなりだ、私が気に入った物があったが{150*90)、数十万との事。どのような人が買うか尋ねると、欧米人や研究者、日本人は、と尋ねるとあまりいない、、、、。ふーん。あんたも私と同じで売れない商品を扱っているね。スキだね、そうゆう人。では私が買おう、、、小さいのを!!   2001年3月


品番:PIN-01
品名:皇帝
サイズ「cm」:額:21.5×15.5 皮影本体:約16×10
重さ:185g
価格:¥3.980「税込」 現品限
材質:ラバ皮  額:プラスチック 
品番:PIN-02
品名:猪八戒
サイズ「cm」:額:21.5×15.5 皮影本体:約16×10
重さ:203g
価格:¥3.980「税込」 現品限
材質:ラバ皮  額:プラスチック 
品番:PIN-03
品名:官僚
サイズ「cm」:額:33.5×23.5 皮影本体:約24×12
重さ:430g
価格:¥5.980「税込」 現品限
材質:牛皮  額:プラスチック
品番:PIN-04
品名:貴妃
サイズ「cm」:額:33.5×23.5 皮影本体:約24×12
重さ:430g
価格:¥5.980「税込」 現品限
材質:牛皮  額:プラスチック 
品番:PIN-05
品名:官僚
サイズ「cm」:額:29.5×22.5 皮影本体:約24×12
重さ:620g
価格:¥6.980「税込」 現品限
材質:牛皮  額:木製 
品番:PIN-08
品名:秦始皇帝
サイズ「cm」:額:29.5×21.5 皮影本体:約19×11
重さ:570g
価格:¥9.000「税込」 現品限
 材質:ラバ皮 紅木 ガラス二枚
「後から明かりを当てると綺麗」
品番:PIN-07
品名:将軍・関羽
サイズ「cm」:額:29.5×21.5 皮影本体:約19×11
重さ:570g
価格:¥9.000「税込」 現品限
 材質:ラバ皮 紅木 ガラス二枚
「後から明かりを当てると綺麗」