品番:03-203 
品名:蓋杯:芙蓉柄「マグカップ」
サイズ:高9cm 径8cm
価格¥980「税込」在庫56
※景徳鎮窯

青花マグカップ「芙蓉柄」      中国茶器

※今から30年以前に中国留学等に行った人は、大学寮で出された茶杯は殆ど、このような景徳鎮で作られた手付き蓋杯(大学名も入っているのもあった)だった。
早朝、服務員のおばさん達が、各部屋の入り口にとてもカラフルなお湯の入った魔法瓶を置いてくれる。

 歯磨きのときはこのカップを持って使い、朝食のスープがうまい時は食堂からこのカップに入れ持ち帰り、お茶「当時は全国殆ど、茶葉は花茶「ジャスミン茶」だった、
の時は茶葉を入れ蓋をして5,6分位すると茶葉は沈み、花は浮いている。飲む時、浮いてる花を、蓋や息で反対側に移動させ飲む。
飲み干したら蓋をして外出し、返って来たら再度お湯を注いで飲む。大陸の旅に出かけるときは、琺瑯のマグカップを持って出かける、ああ、懐かしき思い出が湧き出るマグカップよ、、、。