品名:紅衛兵と資本家(文革時代)
品番:MO-6
サイズ:縦32cm 横cm 
奥25cm 重2400g
材質:磁器
価格:¥15.000 「税.込」現品

★毛沢東は1950年代後半の人民公社や大躍進政策の失敗によって1960年代には指導部での実権を失っていた。文化大革命とは、毛沢東の権威を利用した林彪による権力闘争の色合いが強いが、実権派に対して毛沢東自身が仕掛けた奪権闘争という側面もある。 毛沢東思想を信奉する学生たちは1966年5月以降紅衛兵と呼ばれる団体を結成し、特に無知な10代の少年少女が続々と加入して拡大を続けた。 しかし次第に毛沢東思想を権威として暴走した彼らは、派閥に分かれ反革命とのレッテルを互いに貼り武闘を繰り広げ、共産党内の文革派ですら統制不可能となり、1968年以後、青少年たちは農村から学ぶ必要があるとして大規模な徴農と地方移送が開始された.(上山下郷運動、一般的には下放と呼ばれる).文化大革命中、各地で大量の殺戮が行われ、その犠牲者の合計数は数百万人から1000万人以上ともいわれている。得難い品

紅衛兵と資本家  磁器人物



紅衛兵と資本家(文革時代)  磁器人物

紅衛兵と資本家(文革時代)  磁器人物

紅衛兵と資本家(文革時代)  磁器人物

紅衛兵と資本家(文革時代)  磁器人物



紅衛兵と資本家(文革時代)  磁器人物