品番:REN-19
品名:天女散花(てんにょさんか)
サイズ:高さ:42cm 横12cm 
奥11cm  重さ:2300g
材質:樹脂
価格:¥3.980「税込」在庫1 

「天女散花」という言葉は、元々は仏教の経典である「維摩経」の「観衆生品」の物語から来ている。百花仙子という天女が散花して菩薩や声聞弟子の道行を試すと、花は菩薩の体からは離れたが、声聞たちの体についた花はくっついて離れなかったというものである。天女は言った,(煩悩を離れていないから花が身に付くのだ。煩悩を離れれば、花は体につかない。)」舎利弗は天女の教えを知り、ますます経文の勉強に励んだそうな。
またこの言葉は、雪などが舞い散るさまや野山の草花が山野を彩るのを喩えるのに用いられる。


天女散花(てんにょさんか)  中国歴史人物



天女散花(てんにょさんか)  中国歴史人物



天女散花(てんにょさんか)  中国歴史人物



天女散花(てんにょさんか)  中国歴史人物