賀蘭汗造像記
がらんかんぞうぞうき
品番:TUO-111
  46cmx26cm
価格:¥3.980 「税込」 在庫3

※ 年代「西暦502年」 北魏 景明3年8月18日
「龍門二十品」の一つです

『広川王祖母太妃候為亡夫賀蘭汗造像記』
碑 文
景明三年八月十八日、広川王祖母太妃候。為亡夫 侍中・使持節・征北大将軍・広川王賀蘭汗。造弥勒像。願令永絶苦因。速成正覚
読 み
景明三年(502)八月十八日、広川王の祖母太妃候が、亡き夫 侍中・使特節・征北大将軍・広川王の賀蘭汗の為に、弥勒像を造る。
願わくは永遠に苦因を絶ち、速やかに悟りをひらかれ



賀蘭汗造像記: 眯糊(mihu)  様より抜粋させていただきました