蟋蟀「コオロギ」 ・ 闘蟋「とうしつ」 について


古代中国人にとって、蟋蟀の鳴き声が、機(はた)を織るときの規則的な音に聞こえたらしい。機織は女性の労働を象徴し、蟋蟀は女性に労働を促すシンボルと考えられた。世界を陰陽に分ける五行思想では、陰の生き物の象徴で、女性の徳を表現する。秋の使者だが、郷愁、憂いの心をたとえるものとして、古来、蟋蟀と人間との関係を詠った詩として「木蘭」がある。

さて本題 蟋蟀の習性を生かして(コオロギのオスは縄張り意識が強く、他のオスの存在を知ると果敢に攻撃する)、宋代から流行した遊びが「闘蟋」。宮廷から庶民まで夢中になったという、宮廷には飼育係までいたそうで、その為、闘蟋に必要な小道具は凝った物が多く、持ち運びの籠から餌箱まで競い合ったそうです、現在も闘蟋は復活して色々凝った物が売られています。中国映画で「火龍」の中にも、中国最後の皇帝が刑務所から出所後、一般庶民として再出発していくのですが、ベットの中でコオロギ箱からコオロギをだして、餌を与えながら、なんともいえない至福の笑顔を映し出していますが、中国女性はまるきり興味がありません。どこの国も道楽は男の特権かな、、、。「蟋蟀」の字が日本では平安時代以前、「キリギリス」をさしていて、古文ではしばしばキリギリスのこと。中国では昔も今も、コオロギ。 

それにしてもいったい闘蟋の何が人々をひきつけるか。 ひとつには2センチ足らずの昆虫が繰り広げる闘いぶりにある。もうひとつは飼育の奥深さ。日々、丹精こめ育ててはじめて名将の働きを見せる。闘蟋は、コオロギに関する知識や経験がどれほどあるか、飼い主の力量が試され、メンツがかかっているからこそ闘蟋迷(トウシーミー・)「コオロギオキチ」たちは奥義をきわめようと研究に没頭し、飼育に血道をあげるのである。それゆえ飼育道具にもこる。


※ オスのコオロギは無駄な喧嘩を避けるため、一匹ずつこのような陶器の容器に飼う、この養盆はコオロギが暗い場所を好む「陰虫」であることをつきとめた宋代から使われるようになったが、適度の湿度や温度を保つよう、焼き方に試行錯誤が加えられ、同時に器としての美しさ、彫刻を施したり、玉石を象嵌したりした美術工芸品も数多く製作された。明末の萬禮張(バンレイチョウ)、清代の趙子玉(チョウシギョク)の名匠の作は、コレクターのあこがれで、中国北京オークションでも20万元(約300万)で取引されたそうな。

                  下記の品はすべて倣古品だと思いますが、現在はこの値段では中国でも得難いのでは、、、。

品名:粉彩九桃五福養盆(ようぼん) コオロギ入れ
品番:TO-108
サイズ:直径11.5cm 高さ10cm
材質:磁器 「景徳鎮製」
価格:
¥4980「税込」
品名:粉彩蓮花養盆(ようぼん) コオロギ入れ
品番:TO-109
サイズ:直径11.5cm 高さ9.5cm
材質:磁器 「景徳鎮製」
価格:
¥4980「税込」
品名:粉彩花鳥養盆(ようぼん) コオロギ入れ
品番:TO-110
サイズ:直径11.5cm 高さ10cm
材質:磁器 「景徳鎮製」
価格:
¥4980「税込」
品名:粉彩唐子養盆(ようぼん) コオロギ入れ
品番:TO-111
サイズ:直径11.5cm 高さ9.5cm
材質:磁器 「景徳鎮製」
価格:
¥4980「税込」
品名:粉彩養盆(ようぼん) コオロギ入れ
品番:TO-112
サイズ:直径11.5cm 高さ9.5cm
材質:磁器 「景徳鎮製」
価格:
¥4980「税込」
品名:赤絵宮廷画養盆(ようぼん) コオロギ入れ
品番:TO-113
サイズ:直径11cm 高さ10.5cm
材質:磁器 「景徳鎮製」
価格:
¥4980「税込」



これはコオロギを持ち運びしたり、仲間たちに見せびらかす時、使うものですから、入れ物自体にも色々凝ります。中国映画で「火龍」の中にも、中国最後の皇帝「溥儀」が刑務所から出所後、一般庶民として再出発していくのですが、ベットの中でこのようなコオロギ箱からコウロギをだして、餌を与えながら、なんともいえない至福の笑顔を映し出しています、でも彼の持っていたのは玉と象牙造り。

品名:こおろぎ籠
品番:TO-109
サイズ: 長さ13.8cm 最大径5.8cm
材質:骨彫  
価格:
¥8.000「税込」 現品限
品名:こおろぎ籠
品番:TO-110
サイズ: 高さ10.5cm 最大径6.6cm
材質:瓢箪 
価格:品切
品名:養盆(ようぼん)
品番:TO-1
サイズ:直径12.5cm 高さ10cm
材質:陶器 「宜興製」
価格:
品切
品名:青白磁:済公(チ-コン)
品番:04098
サイズ:高さ:21cm 横17cm 奥18cm 
重さ:1800g
材質:磁器  景徳鎮製
価格:¥5.000「税込」 

宮廷から始まった闘蟋は貴族、富豪、庶民へと広がった、南宋の都臨安(現在、杭州)の繁華街には虫市が立ち、大勢の闘蟋迷(トウシーミー・)「コオロギオキチ」たちで賑わった,
、「西湖老人繁勝録」に
闘蟋迷(トウシーミー・)には自分の虫が死ぬと銀の棺に入れ、ねんごろに野辺の送りをする人も現れた。「西湖老人繁勝録」には、その埋葬にたびたび立ち会ったり、又数々の奇行善行を行った、実在の禅僧「済公」もいたそうだ。