品名:景泰藍青合子(ゴウシ)
品番:02-17
サイズ約:高2.7cm 径5.2cm
重さ27g 
価格:\1.000「税込」在庫2
中国・北京製   


※合子(ゴウシ)とは元々香などを入れる小型の器の意味で,円形又は楕円の手のひらに収まる器で、
合子は蓋のある器のこと、
 
 香合は何時頃から始まったのか、これは香料の歴史とも関係があり、なかなか難しい問題です。丸い香合に似た容器は、
中国では、戦国時代の遺跡として名高い河南省洛陽金村で、銀製のものが出土しています。また湖南省長沙の戦国墓で、
漆塗りの合子が幾つも発見されています。そうした合子が、実際に何を入れたかは、よく分かりません。

近年発見された長沙馬王堆の漢墓の例を見ますと、小形の合子は大概化粧道具だったら
しく、白粉や紅、油状のものの入った漆塗りの小合子が数個一組になって、大形の
合子即ち化粧箱に収められていました。

景泰藍青合子(ゴウシ)   中国工芸